HOME 会社概要 サイトマップ
アパマンショップホームプランナー
賃貸住宅・デザイナーズアパート「煉瓦の家」 戸建住宅、一戸建て住宅、アパート建築商品 アパート建築・戸建て建築 アパートオーナー・不動産オーナー様の声 アパート・一戸建てモデルルーム検索 アパート・一戸建て現地見学会 賃貸経営トータルサポート 投資用不動産
オーナー様の声


資料請求・お問い合わせ
資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせは0120-07-4658

   
  退職にあわせてRC造“煉瓦の家”を建築 安心の満室スタートで老後の生活も心配なし!!

外観写真 写真
物件名
物件詳細
所在地 茨城県牛久市
物件名 ルーブリック
プラン 1LDK×9世帯
敷地面積 508.65m2 4
延床面積 430.83m2
入居率 100%(竣工前満室)

外観
写真をクリックすると拡大してご覧いただけます
今回“煉瓦の家”でマンションを建築なさったのはなぜですか?
 “煉瓦の家”でRCマンションを建築したのは、資産の有効活用が目的です。今年の6月で定年を迎え、再雇用されるものの給与は大幅にダウンします。その先の本当に退職した後の老後の収入安定も含めて、生活基盤として「賃貸収入」を得たいとずっと考えていました。
 それだけに、第一条件は「資産として長持ちする」ということでした。所有地は、特急や貨物列車も走る常磐線の線路横なので騒音・振動対策も必要ですし、資産の運用効率を考えると容積率一杯に3階建ての賃貸住宅を建てたかったので、頑丈なRC造を選びました。以前からお世話になっている営業の人が“煉瓦の家”ひたち野うしく店にいるので相談を持ちかけたところ、RC造の外壁に「煉瓦」を提案されました。「本物の煉瓦」の一番の売りは"本物だけが持つ独特の素材感"と"メンテナンスフリー"だと言うことでした。目的が老後の生活設計に合ったため、特に将来的なコストのことを考え、煉瓦外壁を採用することにしました。

▲オーナー様

立地が大変良いのでプランはすぐに決まったそうですね?

▲物件から見たひたち野うしく駅周辺。現在、建築ブームの最中
 所有地は、常磐線ひたち野うしく駅から歩いて5分、区画整理地内の南向き整形地で、24時間営業の大手スーパーのすぐ横と賃貸住宅建築には絶好の立地でした。同駅は、背後につくば研究学園都市やいくつもの工業団地を抱え、上りの東京、下りの水戸・土浦どちらへも交通の便が良いため、最近発展が著しく、分譲マンションや新築のビルがどんどん建っています。担当者から「これだけ良い条件が揃っているので、部屋はすぐに埋まります」と太鼓判を押され、若者を対象とした単身者~カップル向けの1LDK9世帯のプランにすることにしました。

特に工夫したのはどのような点ですか?特に工夫したのはどのような点ですか?
 将来にわたって安定経営を行うために、「入居者の暮らし易さ」と「外観のステータス」に配慮しました。
「暮らし易さ」では、まず、居住空間にゆとりを持たせ、戸当たり45m2と周辺物件よりかなり広目の1LDKにしました。LDKはフローリングの13帖で、テーブルとソファーでゆっくりくつろいでもらえます。寝室は6帖ですが、ウォークインクローゼット約5m2を別に設けてあり、実質的には充分な広さだと思います。また、通風と採光の良い部屋にしたいと考え、LDK・寝室ともに南側バルコニーに面し、それぞれに1間幅の掃き出し窓を設けています。建築をお願いした“煉瓦の家”ひたち野うしく店は、「アパマンショップ」にも加盟していて、賃貸斡旋の現場で他社物件も含め豊富な物件を見ているので、プラン作成や家賃設定にあたって色々と貴重なアドバイスをもらうことができました。
  「ステータス」については、外壁に採用した煉瓦を生かして、「外観がちょっと違うね」という感覚を追求しました。これは、周辺物件との差別化以外に、入居者層の向上という目的があります。ステータスがある建物を選ぶ人達は、自分の満足感を追求する人達で、そういう入居者同士はトラブルを起こさないと考えるからです。"本物の煉瓦"を用いたのもそのためです。その意味で、アパマンショップの店頭では入居契約時に"アパマンショップカード"の契約審査を行ってもらえるので、大いに安心につながりました。
 仕上げの色決めは、“煉瓦の家”ひたち野うしく店の女性社員に入居者層と近い若々しい感覚で行ってもらいました。明るいサンドイエローの基調色に対しコントラストの高いブラウンを切替えて使い、RC造のスクエアーでシャープな存在感を生かす大胆な配色で印象的な外観に仕上げてくれました。「なるほど、これは私にはできない色の使い方だな!」と感心しました。"本物の煉瓦"の質感とあいまって、なかなか他にはない素敵な外観に仕上がったと感じます。入居者層の若い人たちも、この外観を気に入ってくれているようです。


▲敷地の北側に全戸1台ずつの駐車場を確保。


▲「ステータス」にこだわりバルコニーの内側も煉瓦貼り。



“煉瓦の家”マンションの感想はいかがですか?

 老後の生活の安定基盤として家賃収入を得ることが目的なので、とにかく長持ちして、満室がずっと続くマンションを目標にしました。RC造“煉瓦の家”で耐久性と美観は充分に目標を達成できたと思います。
 入居について言えば、“煉瓦の家”RCマンションは期待通りの「満室スタート」でした。老後の生活安定が目的だったので、夫婦共々一安心しました。これも、「オーナーの満足は入居者の満足」と考え、入居者の暮らし易さを優先した成果だと思います。引渡しと同時に計算通りの満室スタートが切ることができ、入居者の皆さんからの評判も上々で、これならきっと老後もずっと安心だろうと夫婦で満足しています。

一覧に戻る
 
このページのトップへ
プライバシーポリシー お問い合わせ