HOME 会社概要 サイトマップ
アパマンショップホームプランナー
賃貸住宅・デザイナーズアパート「煉瓦の家」 戸建住宅、一戸建て住宅、アパート建築商品 アパート建築・戸建て建築 アパートオーナー・不動産オーナー様の声 アパート・一戸建てモデルルーム検索 アパート・一戸建て現地見学会 賃貸経営トータルサポート 投資用不動産
オーナー様の声


資料請求・お問い合わせ
資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせは0120-07-4658

   
  “煉瓦の家”が新しい街のシンボル!仕様と外構に凝ったエリアNo.1の高級賃貸住宅完成!!

外観写真 写真
物件名
物件詳細
所在地 千葉県成田市
物件名 エル・ヴィエント成田西
プラン 全8棟 34戸中
6棟26戸
…2LDKメゾネット
2棟8戸
…2LDKフラット
敷地面積 3,870m2
延床面積 [合計]2,111.64 m2
  [内訳]
A棟 251.52m2
B棟 311.06m2
C棟 237.11m2
D棟 237.11m2

E棟 134.42m2
F棟 263.30m2
G棟 427.76m2
I棟 249.36m2
周辺相場との賃料比較
周辺相場 70,000円
設定家賃 99,000円
41%アップ

次のページでは、魅力の外構をふんだんな写真を添えてご紹介!
外観
写真をクリックすると拡大してご覧いただけます
なぜ“煉瓦の家”でアパートを建築なさったのですか?
 建築地は、成田ニュータウンに隣接する「公津西土地区画整理事業」地内にあります。同事業は、平成22年の完成予定で、施工面積37.6haの広大な敷地に、計画人口3,800人の住宅地『はなのき台』を造るものです。アパート建築の発端は、区画整理組合のコンサルタントが“煉瓦の家”の重厚な外観がもたらす高級感・存在感に惚れ込んでいて、メインストリートの入り口に「スーパーマーケット&煉瓦の家」を建築し、新しい街のシンボルにしたいという話を提案してきたことです。早速、同区画の地権者4名で“煉瓦の家”を見学にいったところ、話から想像していた以上の建物の素晴らしさに、全員が“煉瓦の家”アパートの建築に合意し、プロジェクトがスタートしました。 ▲オーナー様

エリアNo.1の高級賃貸住宅を目標にしたと伺いましたが?

▲リビング
明るい色調と南向きの掃出し窓で明るさに溢れたLDK

▲園路
なだらかな勾配を生かした敷地中央を東西に横切る園路
 コンセプトとして「成田市ナンバー1のハイグレード・アパートメント」を掲げ、ターゲットを20〜30歳代のファミリー層に据え、入居者のライフスタイルをさらに膨らませる快適居住空間の実現を目標とし、『木造+煉瓦の住み心地の良さ』を徹底的に追求しました。防音性に優れた“煉瓦の家”ですが、さらに界壁を二重にし、壁内の空気層で遮音性・断熱性を高めました。通常のアパートではコスト的に見送られる上下階1枚ものの耐水ボードまで使っています。効果は充分で、実際に防音測定を行ったところ、隣室で90dBの騒音が37dBまで低減しています。断熱性も良好で、冬場に見学に来られた方から度々「床暖房が入っているの?」と聞かれました。
 また、将来を見越し、オール電化を採用しました。IHクッキングヒーターは両面焼きグリル付三口コンロ、電気給湯器は370L追い焚き付と戸建て並みの設備です。オール電化は入居者の関心が大変高く、小さなお子様のいる家庭やお年寄りの入居にプラスに働いたと感じます。
 それと、建築を行ってくれた株式会社ナリコーさんが敷地内にモデルルームを兼ねた管理棟を建築してくれたことが、セキュリティー面・管理面で入居者へ安心感を与えてくれたと思います。

外構計画にはプロのコーディネーターを用いたそうですね?
 「エル・ヴィエント」の一番の目玉は、『外構』です。“煉瓦の家”の分譲地を見学し、“煉瓦の家”は街並みになると一段と良いことを実感しました。「エリアNo.1」が目標なので、プロの環境コーディネーターを招き、街並み全体についてコーディネートを行ってもらいました。3,870m2の広い敷地に木造2階建てのアパート9棟をゆったりと配置し、全体で170種もの樹木・草花を植え、ガゼボ・パーゴラ・アーチ等を配し、他に類を見ない一体感のある街づくりに成功しました。入居者が、日々の生活の中で四季の移ろいを感じ、暮らしに潤いを持ってもらいたいと考えます。
▲井戸
フォーカルポイントは槇島先生のオリジナルデザイン

 “煉瓦の家”が完成して、感想はいかがですか?

▲花壇   
南欧の明るい雰囲気を醸し出す古井戸を模した花壇
 区画整理地の第1期分譲が始まった直後の賃貸募集開始だったため、まるで砂漠の中にアパートがポツンと建っている様な感じがして、正直、入居に不安を持ってのスタートでした。しかし、いざ蓋を開けてみると満室スタートで、“煉瓦の家”でアパートを建てて大成功だったと思います。あらためて、入居は外観と外構が左右するということを実感しました。煉瓦を貼り始めると問い合わせが増え、外構が進んでいくと申込が増えていったからです。
 嬉しく思ったのは、これだけ物件を造り込むと入居者もアパートを愛してくれるということです。建築中からずっと写真を撮ってアルバムを作った方もいて、賃貸住宅でありながらまるで自分の家のような愛情を持って接してくれています。オーナーの努力は入居にストレートに反映され、周辺平均相場より40%以上高い家賃で全戸満室スタートになりました。これほど愛されるアパートであれば、将来的にも入居の不安はないだろうと感じます。
 全体として『煉瓦の街並み』の出来映えには、大変満足しています。煉瓦に落ち着きが出て、外構の木々も大きく育つ1年後・2年後が更に楽しみです。


次のページでは、魅力の外構をふんだんな写真を添えてご紹介!


一覧に戻る
 
このページのトップへ
プライバシーポリシー お問い合わせ