HOME 会社概要 サイトマップ
アパマンショップホームプランナー
賃貸住宅・デザイナーズアパート「煉瓦の家」 戸建住宅、一戸建て住宅、アパート建築商品 アパート建築・戸建て建築 アパートオーナー・不動産オーナー様の声 アパート・一戸建てモデルルーム検索 アパート・一戸建て現地見学会 賃貸経営トータルサポート 投資用不動産
オーナー様の声


資料請求・お問い合わせ
資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせは0120-07-4658

   
  「本物の煉瓦+木造+メゾネット」の組合せで世界でただ1つの“理想のアパート”を建築!!

外観写真 写真
物件名
物件詳細
所在地 静岡県三島市
物件名 ヨーロピアンシャレー三島
プラン 2SLDK×10戸
計10戸
敷地面積 992.9m2
延床面積 A棟:304.31m2
B棟:304.31m2
周辺相場との賃料比較
周辺相場 76,000円
設定家賃 85,000円
平均10%アップ

外観
写真をクリックすると拡大してご覧いただけます
“煉瓦の家”を一目見て、外観の素晴らしさに感動したそうですね?
  アパートを建てようと思ったのは、「固定資産税対策」の必要性を感じたからです。従来は駐車場でしたが、税金がアップし、納税が大変となったためです。
  数社から建築の勧誘があり、1社とはかなり話が進んでいましたが、“煉瓦の家”のチラシがポストに入っていたのを目にして興味が湧き、すぐに問い合わせをしました。
話を聞いてパンフレットを見せてもらいましたが、やはり実際の建物を見てみたい思い、三島から東京まで物件を見に行きました。実際に本部で施工した“煉瓦の家”を見たところ、本物の煉瓦の持つ質感の高さ、外観の素晴らしさが一目で気に入りました。
▲オーナー様

決断の決め手は『本物の煉瓦+木造+メゾネット』だと伺いましたが?

▲全戸の2階に入居者希望者に人気のロフトを設置
 最終的に“煉瓦の家”に決めた要因は、『煉瓦+木造+メゾネット』という点です。
「アパート経営」となると、普通の生活では考えられない大きな額を注ぎ込み、何十年という期間で収支をプラスに持っていかなければならないわけですから、何より長い目で見て周りとは違った物件で勝負することが必要だろうと感じました。
  その点で、まず、外観に「本物の煉瓦」を使った“煉瓦の家”の美しい外観・重厚な雰囲気に強く惹かれました。また、周辺に多いRC造フラットタイプの間取りに比べて、戸建て感覚で暮らせる「メゾネット」タイプの間取りに魅力を感じました。将来、土地をどうするかはその時の子供自身の判断に任せるべきだと考えているので、融通が効きづらいRC造ではなく、「木造」の“煉瓦の家”を選んだ訳です。

随所にご自分の意見を盛り込まれたそうですね?
  フリープランの“煉瓦の家”は、随所に自分の意見を反映できました。最大のものは、玄関周りの形状変更です。最初の提案は直行型のデザインでしたが、東京で見た雁行型のデザインに比較して平板な感じなので、デザイン変更を依頼し、下屋(げや)の様に玄関を前に出してもらいました。これにより、部屋をいじめずに建物の立体感が増し、外観がグレードアップしたと思います。これには、思わぬ利点もあり、せり出した部分は片側をPS(パイプスペース)、もう一方をトランクルームとし、屋上をエアコンの室外機置き場にできました。また、隣戸への音漏れも気になり、防音対策として戸境壁(こさかいかべ)の両側に遮音ボードを貼りました。
  設備では、ウォシュレットに加え、浴室乾燥機も設置しています。予算の関係でウォシュレットだけにしようと思っていたのですが、斡旋をお願いするアパマンショップ三島南口店さんから「浴室乾燥機をつけた方が、家賃がアップして収支が改善しますよ」とのアドバイスを受け、両方とも設置することにしました。また、折角のシステムキッチンですのでビルトインのコンロを設置したいと思ったのですが、油汚れが残ったりして次の人が嫌がるのではないかと悩みました。あれこれ調べてもらった結果、部品交換を行っていけば対応可能であることがわかり、ビルトイン・コンロを採用しました。
  良いアパートを建てたいという私の想いに煉瓦の家三島店の現場監督さんも良く応えてくれ、監督自身の発案で配電盤を煉瓦の色に合わせて焼付塗装をし、階段下に収納棚を設け、ベランダの手摺りはデザイン性に優れたものを見つけてきてくれました。あと、忘れてならないのは、設計担当者の配置プランの絶妙さです。建築地は奥に長い台形の変形地なので各社とも配置に苦労していた様子ですが、煉瓦の家三島店は、建物を「ハ」の字形に配置することで解決してくれました。堂々たる“煉瓦の家”の存在感を見事に生かし切り、物件が一段とグレードアップしたと思います。

▲ビルトイン型のコンロを備えたシステムキッチン

▲アウトドア用品にも対応できるスペースが入居者に大好評

“煉瓦の家”アパートが完成した感想は?

▲現場監督こだわりの配電盤
煉瓦に色を合わせて焼付け塗装
  背後に茶色いタイル貼りの大きなマンションがあり、手前の同系色の小さなアパートは目立たなくなってしまうのではないかと最後まで悩みました。しかし、どうしてもベーシックなワインの色が好きで、煉瓦はワインに決めました。完成してみると、「本物の煉瓦」の風合いはタイルとは全く違った存在感があり、背後のマンション以上に重厚な佇まいを見せてくれています。外観・設備にわたる随所のこだわりが効を奏し、周辺より約1万円高い家賃設定が可能になりました。“煉瓦の家”の重厚な外観には前を通る人は必ず目を奪われますし、ご近所も皆「良い建物ね」と言ってくれます。
  全くの素人ながら、自分では、「世界で1つだけの理想のアパートを建てる」という大きな目標をもってアパート建築に臨みました。こうして完成してみると、いろいろな工夫と“煉瓦の家”のおかげで理想の物件が作ることができたと家族全員で満足しています。



一覧に戻る
 
このページのトップへ
プライバシーポリシー お問い合わせ