HOME 会社概要 サイトマップ
アパマンショップホームプランナー
賃貸住宅・デザイナーズアパート「煉瓦の家」 戸建住宅、一戸建て住宅、アパート建築商品 アパート建築・戸建て建築 アパートオーナー・不動産オーナー様の声 アパート・一戸建てモデルルーム検索 アパート・一戸建て現地見学会 賃貸経営トータルサポート 投資用不動産
オーナー様の声


資料請求・お問い合わせ
資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせは0120-07-4658

   
  ヨーロッパで見たアパートを自分でも!夫婦の好みを反映した素敵なアパートが建ちました。

外観写真 写真
物件名
物件詳細
所在地 埼玉県川口市安行出羽
物件名 “ルガール モナ”
プラン 2LDKメゾネット×5戸+2LDKメゾネット×4戸
敷地面積 1,000 m2
延床面積 A棟 263.72 m2 B棟 325.53 m2

外観
写真をクリックすると拡大してご覧いただけます
今回、“煉瓦の家”でアパートを建築した理由は?
 そろそろ相続についても考えなければならないと思い、税理士にアドバイスを求めたところ、相続対策の一環としてアパート建築を行うのが良いとの助言を受けました。”煉瓦の家“川口店の株式会社アキシムさんとは長年の取引があったので、今回も迷うことなくお願いすることにしました。もっとも、以前建築した頃はまだ”煉瓦の家“がスタートしていなかったので、”煉瓦の家“でアパートを建てるのは今回が初めてになります。今回、株式会社アキシムさんに”煉瓦の家“を奨められた際も、既に持っているアパートと似たようなものだろうと思い、最初は半ば聞き流すように聞いていました。
 ところが、実際の”煉瓦の家“を自分の目で見てみると、その外観の質感の高さ・雰囲気の良さに感動してしまいました。造園業を営んでいるので、3年ほど前に植栽の勉強のためにイギリス・オランダ・ベルギーを訪れたことがありました。そのとき見たヨーロッパの集合住宅の雰囲気の良さが心に残っていたのですが、”煉瓦の家“はまさに本場ヨーロッパの煉瓦の家そのままの雰囲気がありました。特にイギリスで見たアパートにそっくりだと感じました。
 それから、興味を持って”煉瓦の家“の話を聞いてみると、”煉瓦の家“には数々のメリットがあることを知りました。特に、煉瓦であれば外壁に関してメンテナンス費用のかからないという点が大変気に入りました。

オーナー様
■オーナー様
プランの作成にあたって、工夫したのはどの様な点ですか?
ペットの足洗用の水道
■写真1 ペットの足洗用の水道
 建物については、ほとんど妻の好みが反映されています。
”煉瓦の家“の取り揃える煉瓦の中で最も濃色の煉瓦を選び、目地は白でなくグレーにしました。シックな外壁に合わせて、屋根瓦もアンティーク調のスペイン瓦とし、玄関ドアはイギリスで見て心に残っていたグリーンのドアにしました。
 また、ペット対応住宅とし、床材・腰壁を猫が引っ掻いても大丈夫な素材にするのは当然ですが、その他にかなり細かく工夫を凝らしました。全戸の玄関横にペットの足洗用の水道を設置し(写真1)、敷地中央のコモンスペースには、ペット用の水洗トイレを設けました。
良いアパートにするため、他にも工夫なさったと聞いていますが?
 仕事柄、やはり植栽にはこだわりました。後々になって余計な手が掛からないように、剪定が楽で、伸びない木を選び、またシンボルツリーにイルミネーションを飾れる木を選びました(図1)。外構プランについては、アキシムの設計士・・石塚さんが色々なプランを出してくれて、それを基に細かく話し合って決めていきました。アーチ形のペット用トイレ(写真2)・煙突付きの小屋形ゴミ置き場・手作りの館銘板(写真3)・煉瓦をあしらった塀・シンボルツリーの丸ベンチ・コモンスペースのカラフルなデザイン(写真4)など細かい部分にまでこだわってプランを決定しました。また、砂目地は流れるので、角はモルタルでやるように注文しました。
アーチ形のペット用トイレ
■写真2 アーチ形のペット用トイレ
アパートが完成した感想はいかがですか?
ゴミ置場
■写真3 ゴミ置き場

コモンスペース
■写真4 コモンスペース

 実は、都合を見つけてはアパートの前を通るのを楽しみにしています。”煉瓦の家“の落ち着いた風格と全体の景観の良さに、「やっぱりウチのは良い建物だ!」と思って暫く眺めています。裏が遊歩道と公園になっており、そこから眺めた桜の季節の景観がとてもきれいで心に残っています。ヨーロッパで見たアパートを自分の土地に建てたいと思って取り組んだ訳ですが、プラン的にはイメージ通りに出来上がったと感じています。自分で1室借りて住みたい位なのですが、それは無理なので、間もなく結婚予定の娘が愛犬のチワワと一緒に新生活をスタートするように1室を充てました。
 残念なのは、最後で外構に凝りすぎて若干予算オーバーになってしまったことでしょうか。もっとも、それが”煉瓦の家“を引き立てる立派な外構になり、そのおかげで全体の景観が出来上がったわけですから、納得はしています。また、その支出が、周辺相場よりかなり高い家賃で満室経営ができていることに大きく貢献してくれていると信じています。
 全体を綺麗に作り込んでいると、入居されている方が自室の花壇の手入れを一生懸命してくれます。ヨーロッパでも玄関に花が植えられていましたが、本場より綺麗に手入れしてあると感じます。アパート経営にとって、入れ替えはロスなので、入った人に長く住んでもらいたいと思います。その点、『ルガール モナ』は、入居者に愛着を持ってもらい、長く住んでもらえるアパートに仕上がっていると思います。
 全体としては、理想のアパートが出来上がったと思っています。特に、アキシムの設計士・石塚さんにはプランの作成で大変お世話になりました。どうしてもお礼が言いたいので、インタビューを借りて「石塚さん、ありがとう。」と伝えさせてください。


一覧に戻る
 
このページのトップへ
プライバシーポリシー お問い合わせ