HOME 会社概要 サイトマップ
アパマンショップホームプランナー
賃貸住宅・デザイナーズアパート「煉瓦の家」 戸建住宅、一戸建て住宅、アパート建築商品 アパート建築・戸建て建築 アパートオーナー・不動産オーナー様の声 アパート・一戸建てモデルルーム検索 アパート・一戸建て現地見学会 賃貸経営トータルサポート 投資用不動産
オーナー様の声


資料請求・お問い合わせ
資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせは0120-07-4658

   
  埼玉県春日部市ヨーロピアンシャレーエクセルシア壱番館・弐番館・参番館「3棟15戸全戸満室で、“煉瓦の家”に大満足!

外観写真 写真
物件名
物件詳細
所在地 埼玉県春日部市
物件名 ヨーロピアンシャレーエクセルシア
壱番館・弐番館・参番館
プラン 全戸メゾネット
壱番館:2LDK×5
弐番館:2LDK×3+3LDK×2
参番館:2LDK×3+3LDK×2
敷地面積 2,420.00 m2
延床面積 1,043.22 m2
壱番館:337.50 m2
弐番館:352.86 m2
参番館:352.86 m2
今回、アパートを建てられた目的は何ですか?
今回の目的は、ズバリ「相続税対策」です。貸家建て付け地の制度を利用するため、両親の土地に“煉瓦の家”集合住宅3棟15戸を建築しました。 オーナー様
単純にアパートを建てるだけでなく、いろいろと工夫なさったそうですね。
“物件配置図”
■ 物件配置図
 “煉瓦の家”を選んだのが工夫の第一でしょうか。建築地は、東武伊勢崎線の各駅停車駅から徒歩10分あまりの距離があり、賃貸収益用地として恵まれた土地ではありませんでした。このため、特化・差別化が明確な商品でなければ建築しても経済性・資産性価値が望めないと考え、永年あれこれとハウスメーカーを研究・検討していました。その結果、納得・決断した物件が“煉瓦の家”です。
 また、先祖代々受け継いできた土地はなるべく手放したくはないのですが、相続では想定外の事態も発生しかねないので、物納・売却にも備えておかなければならないと思います。そのため、敷地の西側に幅6mの道路を引きその道路に沿って3棟のアパートを配置しました(左図)。これで、全てのアパートに接道が確保され、部分的に売却が必要となった場合でも、価値を大きく減ずる心配がなくなったと思います。
“煉瓦の家”を選んだ理由を教えてください。
 何よりも、外観に独特の風格を漂わせ他社商品との差別化が大いに可能な点、そしてスペイン煉瓦は自浄作用を持ち、経年変化によるメンテナンス部分が最小限に抑えられ、将来の修繕費用が格段に少額で済む点です。2×4+ガルバニウム鋼板は一般の2×4と比較し耐震性・耐火性がより優れていると認識しています。フリープランにより私の色々な注文にもきめ細かく対応してもらえた点も気に入っています。
どのようなことを注文なさったのですか?
ハーブガーデン
■ 写真1 ハーブガーデン
 まずは、間取りです。入居者様を「新婚で入居し、このアパートで子育てを行っていくご夫婦」と想定し、彼らのライフスタイルにマッチする住環境を提供し、より永く居住していただけるような設計を依頼しました。全室フローリングとし、LDKを1階、バスルームを2階に持つメゾネット形式とし、また3棟の煉瓦の色をそれぞれ南欧風・中欧風・北欧風とイメージして選び、全体に統一性を持たせ外構・植栽には遊び心を加えてみました。
 “煉瓦の家”であれば外壁・構造体は40年・50年保たせることは可能だと思うので、それに対する備えも行いました。将来のライフスタイルの変化に柔軟に対応できるよう、水道・ガスにはコンジットパイプを使用し、通信関係ではNTTの光・メタル合併線、そしてケーブルTVを引いています。コンクリート部分は、桂砂ではなく川砂を使用し(なじみが早いため)、半年間養生を行いました。また、大工さんの腕にもこだわり、TVチャンピオンで優勝した大工さんに建築を行ってもらいました。
最近は、ご自身でもいろいろなさっているとお伺いしましたが?
 賃貸住宅は他にも何軒か所有していますが、“煉瓦の家”を持ってから、アパートの敷地内にキッチンハーブガーデンを作り(写真1)、クリスマスにはもみの木にイルミネーションを飾り付けました。また、居住する子供達の成長を願い"ハリーポッター"に着想を得て手製のふくろうのオブジェ(写真2)までも製作しています。独特の存在感で周囲からも注目を集める“煉瓦の家”のオーナーになって、「資産を持ち、そして育む」という楽しみが増えたことを実感しています。
 管理はアパマンショップさんにお願いしましたが、管理会社が行うのは法律に関することであり、あくまで「空室対策」はオーナー自身が行うべきだと考え、自ら地道にゴミ清掃なども毎週行っています。現在15戸全戸が満室ですが、満室である今だからこそ空室対策を行わなければならないと思っています。
ふくろうのオブジェ
■写真2 ふくろうのオブジェ
“煉瓦の家”に関して満足な点、そして不満な点があればどうぞ。
 “煉瓦の家”そしてメゾネット形式は地域で初めてということもあってか、アパマンショップのホームページに掲載してもらってから1週間も経たないうちに全6戸が満室となりました。なんと「基礎着工」の時点で満室!初めてのアパート経営という不安も吹き飛んで、全く安心し切ってアパートが建っていく様子を眺めていることができました。
 堂々として立派な外観は想像以上の出来栄えです。入居者の皆様も一目で外観が気に入り、実際に生活してみるとメゾネットの暮らし易さや充実した設備に満足していただき、お褒めの言葉まで頂戴しています。これなら、長く大切に使ってもらえるものと思います。また、周辺は田園地帯でゆったりとした環境なので、普通のアパートでは景観や日照の点で近隣にご迷惑を掛けはしないかと心配していましたが、“煉瓦の家”は近隣でも好評いただいています。この春に竣工したばかりでまだ日は浅いのですが、“煉瓦の家”には大変満足しています。“煉瓦の家”に決めて本当に良かったと思っています。
最後に一言どうぞ。
 開発予定の隣接地に建っている貸家は築30年以上になります。先日、その家で生まれ育った子供さんが青年となり、「自分の生まれた土地を見たい」と、親子でわざわざ訪ねて来られました。だいぶ傷んでしまったとはいえ、幼い頃過ごした家が残っている様子に感激して帰っていかれました。“煉瓦の家”であれば、40年・50年経っても大きく傷むこともなく、むしろ風格を増して建ち続けていると思います。遠い将来、この家で生まれた子供たちに昔と変わらない自分の「ふるさと」を見るような感動を与えることができたら素晴らしいことだと思います。
 オーナー業とは、経営としての収益もさることながら、オーナー・入居者・ハウスメーカーが共に発展していかなければならない生業(なりわい)として考え、そのために自らあれこれと手を加え、大事な資産を大切に育んでいきたいと思います。
一覧に戻る
 
このページのトップへ
プライバシーポリシー お問い合わせ