HOME 会社概要 サイトマップ
アパマンショップホームプランナー
賃貸住宅・デザイナーズアパート「煉瓦の家」 戸建住宅、一戸建て住宅、アパート建築商品 アパート建築・戸建て建築 アパートオーナー・不動産オーナー様の声 アパート・一戸建てモデルルーム検索 アパート・一戸建て現地見学会 賃貸経営トータルサポート 投資用不動産
オーナー様の声


資料請求・お問い合わせ
資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせは0120-07-4658

   
  基礎着工時に満室!安心してアパートが建っていくのを眺めていました!!

外観写真 写真
物件名
物件詳細
所在地 東京都練馬区
物件名 エスパーダ石神井公園
プラン 1K×12戸×2棟
敷地面積 1,030.84 m2
延床面積 400.35 m2
今回、アパートを建てられた目的は何ですか?
今回アパートを建てた目的は、「相続対策」です。土地の上に建てたアパートも後世に伝えるものなので、しっかりとした建物、資産価値に優れた建物を子孫に相続させたいと考え“煉瓦の家”を選びました。
オーナー様
■写真1 エスパーダ石神井公園
“煉瓦の家”は、どのようにしてお知りになったのですか?
概観シンボルの煙突
■写真2 概観シンボルの煙突
私の剣道そして人生の師匠であり、アパート勝ち組のE様から紹介されました。E様ご自身とお嬢様が実際に“煉瓦の家”のオーナーで、“煉瓦の家”の大ファンという方です。特許を有する煉瓦貼りの工法がいかに理にかなったものであるか熱心な説明を受け、私自身も“煉瓦の家”4ヶ所を見学し、“煉瓦の家”の素晴らしさに納得しました。
なぜ、“煉瓦の家”を選ばれたのですか?
アパートはただ建てるだけではなく、資産価値を高めるために色々な工夫が必要だと思います。まず、差別化という観点から考えました。最初の10年はどんなアパートでも入居は埋まるものです。違いが出てくるのは10年先からの入居状況だと思います。将来にわたって入居者が入り続けるように他と違うものを建てなければならないと考え、6社のハウスメーカーを比較検討し、独特の重厚感のある外観により他社とは決定的な差別化が可能な“煉瓦の家”を選びました。
同時に、収支計算も重視しました。“煉瓦の家”であれば、差別化により入居が安定する上に、外壁のメンテナンスコストが掛からないので長期安定的な収支が期待できると考えました。塗り直し等の必要がない煉瓦の外壁と葺き替えの必要がないモニエル瓦を組み合わせれば、足場を組んでまでの修繕作業は必要なく、メンテナンスコストの大幅な圧縮が可能だと思います。確かに建築コスト自体はやや割高に見えますが、煉瓦を使うことを先行投資だと考えれば、長期的にはむしろ安くつき、最終的に“煉瓦の家”は収益性の優れた商品であると理解しています。
事務所横の煉瓦パネル
■写真3 事務所横の煉瓦パネル
プランニングではどのような点を工夫なさいましたか?
ゆったりと確保した隣地境界
■ゆったりと確保した隣地境界
まず、間取りは1Kですが、1戸あたり約29〜34m2とやや広めに作りました。友達同士2人で住んでも良いようにという発想です。仕様・設備は、ヨーロピアンスタイルの外観に合わせて、女性対応ということを念頭において考えました。具体的には、防犯面を考慮に入れ、オートロック、シャッターを装備し、外回りの照明を多めにして敷地全体が明るくなるようにしています。
また、近隣の方への配慮を非常に重視しました。今回の建設地は自宅の隣にあり、長年ご近所付き合いを続けている近隣の皆様にご迷惑を掛けるのはどうしても避けたいと思いました。そのための第一の工夫として、中階段を採用しました。これで、夜間に階段を昇り降りする足音や話し声で近隣の方に迷惑を掛けることがなくなりました。第二の工夫として近隣との境界スペースをゆったりと取りました(写真4)。敷地ギリギリでアパートを建てると、採光や通風そして何より視線の面で隣接する方に不快な思いをさせてしまうと考え、境界スペースを十分確保し、近隣の方からも感謝の言葉をいただきました。
デザインの面では、外観上のシンボルとして屋根の煙突に凝ってみました(写真2)。敷地の有効活用として、建蔽率の関係から空いたスペースは駐車場にしました。都内の1Kに駐車場は必要ないところですが、これは別に所有するファミリー向けアパートの居住者の駐車場に充て、所有する資産全体の運用効率を高めることができました。
入居状況はいかがですか?
おかげさまで、24戸全戸が満室、入居者は男女を問わず若い人ばかりです。思った通り“煉瓦の家”は外観が人気で、建物を見に来た方は全員その場で即決という状況でした。“煉瓦の家”を気に入って入居を決めた方が、友達に携帯で写真を送ったところ、その友達も入居を決めたというケースもありました。
最後に、一言どうぞ。
私の家ではアパートを数棟持っているのですが、正直、“煉瓦の家”は今までで一番良いと思っています。自分では、都内でここまでの建物はないと思っています。私自身“煉瓦の家”の大ファンになってしまい、紹介者のE様と同じく、1人でも多くの人に“煉瓦の家”の良さを伝えたいと思うようになりました。実は、事務所の壁に「エターナル工法」のデモンストレーションを行うパネルまで作ってしまいました(写真3)。
皆様もアパート建築をお考えなら、“煉瓦の家”をお勧めします。
一覧に戻る
 
このページのトップへ
プライバシーポリシー お問い合わせ